マンション売却をスムーズに行うために住宅ローンも確認しておこう

  1. ホーム
  2. 複数の業者を比較する

複数の業者を比較する

インテリア

マイホームの購入というのは人生で最も高額な買い物になるといわれています。終の棲家のつもりで購入したマンションであっても、家族構成の変化や転職などの状況の変化によって、途中で手放すケースも少なくないのが実情です。自宅マンションを売るにあたっては、住宅ローンの残債がどれだけ残っているかという点が一つの大きなポイントとなります。住宅ローンが残っている物件を売るにあたっては、抵当権者である金融機関の同意が必要となります。売買代金でローンを確実に精算できる場合はよいですが、残債が残る場合は残債の返済について協議が必要となってきます。また、マンションを売るにあたっては、必ず複数の不動産業者に査定を依頼するのがよいといわれています。複数の業者の査定結果を比較検討することで、その物件の適正な相場を把握することが出来るからです。なお、必ずしも一番高値を提示した業者に依頼をすればよいというわけではない場合もあります。市場価格を反映していない場合、結果として買い手が見つからずに値下げを迫られる可能性があるからです。また、マンションを売るにあたっては、余裕を持ったスケジュールで売却の計画を立てることも重要になります。早期に売却相手を決めなければいけない場合などは、相手に足元を見られて結果として不本意な価格で売却せざるを得ないケースがあるからです。そうした点も考慮し、地元での中古マンションの仲介実績が豊富な業者に相談してみるのが一番よいといえます。